fukufuku813’s blog

カンボジアのあんなこと、こんなことホットな情報をブログを通じて配信して行きます。

獄中日記TOPIX

5/10裁判結果が出る日

ついにこの日が来た!

2017/2/7日にここへ来て既に1年3ヶ月が経っている

自分が判決を受ける身になるとは思ってもいなかった

しかもカンボジアで!

また護送車に乗せられ裁判所へ

朝9時からと言われていたのに前のが長引いてるからと待たされること
3時間、、、、

結局、最後に回されたみたいだ

ここでもカンボジア時間、仕方ない

本当に予定通りに行かない国だ!

判決はあっと言う間、裁判官が

フクイ ススム 実刑7年!

Lahkana 実刑4年執行猶予3年!

以上、、、、

はい、終わり!

えっ!

たったの1分!

私は愕然とした


私の判決は予め弁護士にも聞いていたが、やはり法廷で直に聞いた7年

それと彼女の判決だった。


無罪をずっと主張して来たから
無罪、悪くても2年ぐらいかと思っていたのに同じ7年の同罪って!


なんだそりゃ、、、

ただ一緒居ただけなのに


法廷では原告人達も私の彼女は関係ないと証言していた。


彼女に誘われたことはない、
仕事の話しや賃金の話しをされたこともないと証言してたじゃないかと


そんな考えが頭の中をぐるぐる巡って
このアンフェアな判決に怒りを感じて苛立っていた。


書記官からサインと拇印をしろと言われたが体が硬直して動かなく拳を力一杯握り締めて立ち尽くしていた。


すると彼女の姉ちゃんが来てsusumuと肩を寄せて来てくれた

硬直していた体の力が今度は一気に抜けて、立ってることもできないくらいな脱力感に身まわれ椅子に体が落ちた


怒りが悲しみに変わった瞬間だった


何度も味わったこの感覚
彼女にそして彼女のファミリーに申し訳ないと言う気持ち!

その感情で一杯になり

涙が止まらなく頬を伝わり落ちた


姉ちゃんが声を震わせながら
susumu Take careと声をかけてくれた


しばらくして弁護士やポリス達が時間だから外へ出ないと、と即して来た

重い腰を上げ書記官の所へ

体が岩の様に重かった


人生で初めて味わうこの感覚
こんなにも体が重いと感じたことはない


既に彼女はサインをして外へ出て護送車に向かって居なかった

私も通訳の弁護士に付き添われサインと拇印をしてポリスまた手錠をかけられて護送車に向かった。

帰りの途中は何を思って何を考えていたのか、記憶にない

気付くと刑務所に着いていて、
裁判所行きの囚人が昼休みが終わるまで一旦入る部屋の前に並んでいた。

以前は病院棟の6号室、そう以前私と矢沢さんが居た部屋、今、矢沢さんが居る部屋に入って待たされたのだが

裁判所行き用の新しい部屋が作られた

その部屋も病院棟の敷地内にあるため

私は鍵番のポリスに賄賂を渡して矢沢さんの部屋に行かせてくれとお願いした。

顔見知りのポリスなのですんなりok

部屋に行くと矢沢さんが待ってて
結果報告

矢沢さんも彼女の判決に疑問を持っていた。

彼女は同罪の7年!

但し実刑4年、執行猶予3年の判決

なんだが、、、、
そこが変だよカンボジア

why Cambodia・・・・

そんなシリーズが以前あったな!

カンボジアの場合、実刑が先に4年あって、後から執行猶予の3年があるのだそうで、結果、刑務所からは出られないと言うことになる


後から執行猶予???

なんの意味があるのやら、、、

訳がわからない

とにかく実刑7年が決まった訳で

今後の対策を考えなくてはと矢沢さんと話し合った


控訴して二審に向かうしかない
当然また裁判費用がかかるのだが


そこはカンボジア、、、
金額次第でどうにかなるらしい


矢沢さんが明日、出所となると日本人は私1人になるわけだが、、

矢沢さんが最後にと本音トーク

色々なアドバイスと話しをしてくれた

6年半、カンボジアの刑務所で過ごした先輩の言葉は重くまた実感がこもっていた。


明日でこの人もお別れなんだよな〜

と、思ってここへ来てからのことを思い起こしてみた

最初は本当に呆け老人かと思った矢沢さん、あの時はもう1人日本人のGさんも居て日本人3人で色々な騒動があったな!


このブログでも面白可笑しく矢沢さんのことをネタに書かせてもらってきました。


矢沢の部屋もあったな、、、

 

約、1年前のことが今ではずっと昔の様に感じるのは何故だろう?

 

必ず話題にでてくれた矢沢さん

その彼とも明日でお別れ、、

 

病院棟に一緒に居る時は2人で良くユーチューブで海猿にハマリ

あのシーンがどうとかこうとか良く話したっけな〜

 

俺たちもバディだね〜とか言って!

 

今考えると懐かしです。

 

矢沢さんこの1年3ヶ月
本当にお世話になりました。

そして日本へ帰ってもボケをかまして元気で長生きしてください

つづく

 

 

追伸
実はこの矢沢さんとんでもない人物
アンド経歴を持っていた!

詳しくは本人が娑婆に出たら本を出すと言っていたので、そちらを読んでください。

獄中日記TOPIX

矢沢さんと離れて暮らす日々が続いた

私は通信機器も何もなく暇で仕方なく

自由時間は外へ出てひたすらエクササイズ

あとはMP4でずーっと同じ映画とドラマを

何10回と見直していた。

プリズンブレイクのシーズン4最終章と

洋画10本、全部英語版

日本語と言えば懐かしい月9ドラマの
ビーチボーイズ

広末涼子が初々しくって可愛い

繰り返しもう20回ぐらい見ている

台詞も覚えてしまった。

ただ5話と9話が抜けているので
すっげー気になる

iPodがあればユーチューブで見れるのに

まぁそんなこんなで日が経ちいよいよ
再裁判の日を迎えた


朝早くから護送車に乗せられて裁判所へ

今回は前回と違い原告人と証言台に立った

ただ女性達は4人しか来ていなく、、

それでも裁判は始まった。

流石カンボジアと思ったのは

裁判中に裁判官はスマホをいじっているは

弁護士は電話がかかって来て部屋の外へ出て行くわ、、、、

オイオイって感じ・・・

無事に終わって判決は5/10の9時から
約二週間後だ!

矢沢さんが5/11日に出所だから

丁度その前日に私の判決が出る

なんのタイミングだか、、、

矢沢さんも血圧が下がり140ぐらいで安定している。

ただ毎日、会いに話しをしに行くのだが

あと2週間で出所と言うのに毎日、毎日

心配事が増える!

心配症は変わっていなかった。

矢沢さんは強制出航が命じらているので

刑務所からそのまま空港のイミグレに連行さるるらしく、、、

パスポートも失効しているので、
日本大使館から渡航証明書を発行してもらい

イミグレから出国証明書をもらわないと
飛行機には乗れない!

その肝心の日本大使館が10日を切っても来ないのだ!

渡航証明に貼る写真と矢沢さんの署名が必要なのだが、、、、

矢沢さん必要以上に大使館へ電話を入れているが、、、

大使館の返答は刑務所側に面会許可を申し込んでるが返事がまだ来ないので、
行けない!

矢沢さん周りのポリスに今は大使館が来るのに面会許可が必要なのか?

と、聞くが全員のポリスがそんなのいらないと言う!

大使館側はシステムが変わったと刑務所側から言われてるから許可待ちだと言う!

矢沢さん本当に帰れるのか?
毎日、心配で私に話してくる。

毎日その話だ!

時に
誰かにはめられて再逮捕になったらどうしようとか、、、

とにかく心配のネタが尽きない!

あと5日で出所と言うのにまだ日本大使館は来ていないし、出国の書類もできていない

さすがに私も心配になってきた。

矢沢さん毎日、大使館へ電話

大使館側は最終手段として国際警察から手を回して会いに来ると言う!

最後の最後は矢沢さんもなるようになるさ
と、開き直った!

そして出所4日前、やっと日本大使館が来た!

それも刑務所から面会許可が今朝来たから正規に会いに来たと言う

なんとまぁ〜カンボジア時間!

そう言えば私も部屋の移動の件、
クメール正月前に話しをして4/18日に正式に申し込んでるけど、未だに返事が来ない

まぁ〜カンボジア時間だからね

2〜3週間は普通に待たされる

しかし出所4日前にまだ出所手続きができてないのもどうかと思うけどね

が、しかし日本大使館が来たのは良いのだが今度は面会担当のポリスが写真は撮ってはダメだと言い出したらしい

基本、所内の撮影は禁止!
これは当たり前なんだが、、、

渡航証明書の写真んなんだから
訳が違う、、、、

これがまたカンボジア

アホなポリスがいるんです。

出所日が過ぎても10日間ぐらいは留置してても構わないから出所日が過ぎてから来いと言われたらしい。

それを聞いた日本大使館の担当者がブチ切れて!

えらい剣幕で出所日を過ぎた人間を留置するなんてなんたる事!

人権問題に関わること!

私は日本国の外務省にこの事を話して日本国政府から正式にカンボジア政府に抗議すると、、、怒鳴ったらしい!

あなたの名前と上司の名前を教えろっ!

と、言われたポリスはタジタジ!

どうぞご自由に撮ってくださいと、、

日本大使館の担当者がスマホではいポーズパシャッ、パシャッ!

5秒で終わったと矢沢さんにその騒動を聞いてなんじゃそりゃって感じ!

またまた流石カンボジアって事件でした


いゃーしかし日本大使館の担当者は頼もしく俺は今回は日本大使館に本当に感謝したよと、矢沢さん!

今までは日本大使館は何もやってくれねぇ〜って言ってたのに、、、笑

まぁこれで無事に日本へ帰れますね〜

良かった良かったって話してたら

矢沢さん今度は俺、ちゃんと娑婆でやって行けるかな〜〜? だって!

また心配症・・・・・

                                                   つづく

獄中日記TOPIX

今日は6月7日
ここへ来て1年4ヶ月が過ぎた

3月に3週続けて大掛かりなポリスのチェックが入りipho1台、携帯2台が没取されて

1週間空けて最週に今度は5人ぐらいのポリスがハシゴを持って来て天井裏をチェック

完全に中国と矢沢さんのipodとmodemを
ピンポイントで見つけに来ている

矢沢さん達の通信機器はトイレの天井裏の少し外側に隠してあるらしく

隠しているのは中国語ペラペラのカンボジア人のコーンチャウなんだが、、、

部屋のチーフメイは隠し場所を知っている

そのチーフメイがofficeのお偉いポリスにチクったみたいだ、、、

トイレの天井裏をハシゴを使って調べだした時はヤバイ見つかったと思ったが

いくら探しても出てこなかった。

諦めてポリス達は撤収したかと思い

中国人も私達もホッと胸を撫で下ろしたのも束の間、外側を探しだした

これでハイ、それまでよ!

中国人の1人、仁と矢沢さんが外に呼ばれて
officeへ事情聴取

今回iPod2台、modem2台、携帯5台
と、ポリスにしてみれば大収穫!

あと1ヶ月ちょいでタウプテア(go ホーム)

なんだから大目に見たって良いのに!

しかも先月、中国人と矢沢さんは壁のペンキ塗り替えで200$づつ寄付してるは

officeのポリスここのNo.3にも200$を渡している、にもか変わらず今回は狙い撃ち

なんて卑劣な奴等なんだ!

いつもなら金を払って懲罰のダークルーム行きは免除されるのだが、

今回はポリスが賄賂を受け取らなかったらしく、処罰を待てと言うことに、、

待つこと2日、矢沢さん達はダークルームへ連れて行かれた。

20日間のダークルーム生活が始まった

矢沢さんは直ぐにぶっ倒れて病院棟へ移るから心配さしないでと言っていた。

金を払えば面会できると言うので、
午後に早速、食べ物な差し入れを持って会いに行くと金を払ったのにポリスの野郎
会わせてくれない、、、

鉄格子とから少し離れた部屋の扉を越しに
矢沢さんと少し会話できた!

とにかく暑いのと食事は配給の色の変わったご飯だけしかでないらしく

飲み水も無い、、、

はぁ〜 電気もねぇ!布団もねぇ!
水もねぇ!食べる物と言ったら臭い飯!

おらぁこんな部屋イヤだ〜こんな部屋イヤだ〜! 直ぐにぶっ倒れるぅだぁ〜〜!

矢沢さん血圧ぐんぐん上昇で、

本当に2日目の朝ぶっ倒れて病院棟へ運ばれたとの情報を得て、、、

会いに行くと点滴をしてベットに寝てました!


それから出所までの約1ヶ月は私はF棟

矢沢さんは病院棟の以前私達が居た部屋に
離れて暮らしました!

それからは毎日、ご飯を作って朝とご飯に矢沢さんに届けて、2人で語り合う日々が続きました。

私はF棟へは居づらくなったので、
4月のクメール正月前に部屋を移動したいとNo.3のポリスにお願いしに、、

理由を聞かれて矢沢さんは5月に帰ると
日本人は私、1人になってしまうから

以前居たA棟の27号室へ移りたいと話さした。あそこはリーダーも部屋のみんなも友達だから暮らしやすいからと頼んだ!

本当は日本語が少し話せるスマイも居るし
何よりネットが使えるからだ!

今の私と言うか外国人はネット環境があって外部と通信できなければお金を工面できないから本当に大変なんです!


つづく、、、

獄中日記TOPIX

12月4日に第一審裁判があり


その後、弁護士から連絡があり今回の事件は複雑なので再裁判になったと言う


次回は1月以降になると言われた。


ポリスに部屋を矢沢さんと一緒に移して欲しいと頼んでいた。

矢沢さんの体も心配だから日本人2人で居たいと話してあった。


ポリスはお前はアットンカットン(未決)

だから本来はA棟ブロックからは移動できないと言われていた。


今まではそこを金を払って解決していた。


が、今回は携帯電話使用の懲罰だから


刑期が決まらないと部屋を移れないとつれない返事だった!


裁判が終わって判決が出たら矢沢さんと同じ部屋に移してやると言われていたのに


再裁判になってしまったためにお先真っ暗



すると矢沢さんが会いに来てofficeのポリスがセメントを10トン寄付してくれたら


直ぐにでも部屋を移してやると言っていると言う、、


金額で350$!


迷った末、お金を寄付した。


今の環境を考えるとF棟へ行って広い場所を確認してネットもできるようになった方が良い!



12月12日にめでたく矢沢さんのいるF棟へ移って来た!


ここは今までの獄中の生活の中で一番長く暮らしていた場所なので、勝手知ったると言う感じで落ち着ける


以前居た時とリーダーも変わっていて

部屋ののルールも良く改善されていた


ただし人数だけは以前よりも増えていた

以前が370人前後だったのに対して450人


パンパンだった!


F棟での生活が1月、2月と過ぎても裁判所からの及びはかからず、、

3月に入っても弁護士に問い合わせても


裁判所が混んでいるからまだ未定だと言われるだけ、、、


去年の2月7日にここへ来て1年と1ヶ月が経っていた!


3月28日ようやく再裁判の日程が決まったと弁護士から連絡があり4月24日に裁判所へ行くことになった。


判決はそれから2週間後だと言う!


果たしてどうなるのか?

不安で仕方がない。


今月に入って大掛かりな検査が3週続けて入った。


部屋のポリスではなく外部からのチェックだった!

この1年間1度もなかったのに、、


新しい署長が厳しいと聞いていたので、


そのせいかもしれない


1回目はポリスが30人ぐらい来て部屋の隅々まで検査していった。


2回目は50人以上のポリスが来た!


ビックリした。


矢沢さんと中国人の通信機器の隠し場所は見つからなかったが、、


持ってるのはばればれなので、ヒヤヒヤでした。


チェックが厳しくなってきたので、


当分、ネットが使えないので、


このブログも又々、お休みします!



再開する時は今度はFacebookに移行したいと思います。


獄中日記TOPIX

A棟での生活の日々が過ぎ11月中旬


やっと、やっと裁判所から第一審の日程が決まり弁護士から連絡があった!


矢沢さんがわざわざA棟まで知らせに来てくれた。


矢沢さんはF棟へ移って直ぐに通信機器を入手して外部との連絡を再開していたのだ


今度は部屋のチーフポリスに毎月50$賄賂を払って黙認してもらうことになったらしい。


刑務所内の様々にかかる費用がどんどん上がっている。


物価上昇である。


そして裁判当日、、、

囚人は2人1組で手錠をはめられ護送車に乗せられ総勢30人ぐらいで朝早くから裁判所へ向かう


ここに来るのは4回目だ!


姉ちゃんが来ていてくれて朝飯を差し入れしてくれた。


本当にいつも感謝である!

担当のチャン弁護士も顔を出して挨拶に来てくれた。


小さい部屋に30人が詰め込まれ順番待ちをする。


1人の若いポリスが隣りの部屋にプロポンが居る、会いたいか?


と、聞いてくる。

yesと答えると、

そいつがサエサップダラ(40$)と言ってきた


ディスカウントしたが駄目だったので

仕方なく払った!


隣りの部屋に通されて彼女とご対面


隣りの部屋には彼女の他にもう1人と子供の囚人が5人居た!


彼女と色々と話して待つこと30分


名前を呼ばれて裁判所の中へ、、、


                                              つづく



おやすみなさい愛する人

今日も1日全てに感謝!

ありがとう




↓↓↓ランキング参加中!クリックしていただけると獄中生活の励みになります。
<a href="//blog.with2.net/link/?1924438"><img src="https://blog.with2.net/user-banner/?id=1924438&seq=1" title="人気ブログランキング"></a><br><a href="//blog.with2.net/link/?1924438" style="font-size: 0.8em;">人気ブログランキング</a>

↑↑↑ランキング参加中!クリックしていただけると獄中生活の励みになります



獄中日記TOPIX

部屋を移って新しい生活が始まったが

私は部屋から2週間は出してもらえないそうだ!


軽い懲罰なのか矢沢さんにも会わせないと言っている。


ポリスめふざけやがって!


がしかしそこはカンボジア


鍵番のポリスに賄賂渡して部屋からは出れるようになったが、A棟のブロックエリアから出してもらえず矢沢さんには会えない


中庭があるのでそこでスマイと運動をすることにした。

10月後半から12月中旬までここでの生活が続いた!



おやすみなさい愛する人

今日も1日全てに感謝!

ありがとう




↓↓↓ランキング参加中!クリックしていただけると獄中生活の励みになります。
<a href="//blog.with2.net/link/?1924438"><img src="https://blog.with2.net/user-banner/?id=1924438&seq=1" title="人気ブログランキング"></a><br><a href="//blog.with2.net/link/?1924438" style="font-size: 0.8em;">人気ブログランキング</a>

↑↑↑ランキング参加中!クリックしていただけると獄中生活の励みになります


獄中日記TOPIX

A棟の生活が始まった


VIPルームとは名ばかりで

人数は23から新入りが来て25人に


寝る所がない、、、


私にとってラッキーだったのは


この部屋、以前Dが入ってた部屋らしくリーダーとサブリーダーはDの友達で、私のことも良く聞いて知っていた。


リーダーはアウ、物静かな奴でここに11年居ると言う。


サブリーダーはテル、38才、

彼がこの部屋の仕切り屋みたいで、懲役45年で現在12年居るそうだ!


テルは英語もできるので色々と世話をしてくれて助かった!


部屋にはイタリア人のマフィアがいて体もデカく1番奥の場所に陣取っていた。200$出してリーダーから場所を買ったらしい。


ここに来て3ヶ月、俺は裁判所と話しはついてるし金を払ったからもうすぐ出ると言っていたが、、、


5ヶ月経ったいまでも彼は出所していない。     残念!


腕にはタトゥーが入っていて

右手の拳にヒシガタのエンブレム

日本を代表する組織のタトゥーが入っている。


イタリアンいわく俺は神戸と九州に事務所があってそこには日本の◯口組の事務所もあると話していた!


ポリスに金をばらまいてかなり幅を利かせているらしい!


私には関係ない、どうぞご自由に!


カンボジア人で彼の名前はスマイ35才、彼は少し日本語が話せる


以前、日本語学校に通い習ったらしい。気の良い奴でプノンペン市内でクメール料理のレストランをやっていたそうだ!


私が彼に日本語を教えてカンボジア語を彼に私が教わると言う毎日になった!

スマイは英語もペラペラなのでコミュニケーションを取るのがとても楽で良かった!


もう1つラッキーだったのは


この部屋にはiPodが4台、携帯が5台と通信機器が沢山あってリーダーが金を集めてポリスに払ってるから

検査はあるがチャップがないらしい


そこだけVIPだった!


スマイも携帯を持ってるので借りて

私も彼女に毎日のように電話ができた。


A棟はコンクリートに囲まれた10畳ぐらいの狭い部屋で入り口に小さな窓と反対側に小さな窓があるだけなので堂々と通信機器を使っていてもポリスには見つからない!


そこだけVIPなのだ!


いや、今後ブログに書くが、、

実はそこがかなり重要なのだ!


                                              つづく、、



<a href="//blog.with2.net/link/?1924438">人気ブログランキングへ</a>



おやすみなさい愛する人

今日も1日全てに感謝!

ありがとう




↓↓↓ランキング参加中!クリックしていただけると獄中生活の励みになります。
<a href="//blog.with2.net/link/?1924438"><img src="https://blog.with2.net/user-banner/?id=1924438&seq=1" title="人気ブログランキング"></a><br><a href="//blog.with2.net/link/?1924438" style="font-size: 0.8em;">人気ブログランキング</a>

↑↑↑ランキング参加中!クリックしていただけると獄中生活の励みになります