fukufuku813’s blog

カンボジアのあんなこと、こんなことホットな情報をブログを通じて配信して行きます。

獄中日記TOPIX

今日は6月7日
ここへ来て1年4ヶ月が過ぎた

3月に3週続けて大掛かりなポリスのチェックが入りipho1台、携帯2台が没取されて

1週間空けて最週に今度は5人ぐらいのポリスがハシゴを持って来て天井裏をチェック

完全に中国と矢沢さんのipodとmodemを
ピンポイントで見つけに来ている

矢沢さん達の通信機器はトイレの天井裏の少し外側に隠してあるらしく

隠しているのは中国語ペラペラのカンボジア人のコーンチャウなんだが、、、

部屋のチーフメイは隠し場所を知っている

そのチーフメイがofficeのお偉いポリスにチクったみたいだ、、、

トイレの天井裏をハシゴを使って調べだした時はヤバイ見つかったと思ったが

いくら探しても出てこなかった。

諦めてポリス達は撤収したかと思い

中国人も私達もホッと胸を撫で下ろしたのも束の間、外側を探しだした

これでハイ、それまでよ!

中国人の1人、仁と矢沢さんが外に呼ばれて
officeへ事情聴取

今回iPod2台、modem2台、携帯5台
と、ポリスにしてみれば大収穫!

あと1ヶ月ちょいでタウプテア(go ホーム)

なんだから大目に見たって良いのに!

しかも先月、中国人と矢沢さんは壁のペンキ塗り替えで200$づつ寄付してるは

officeのポリスここのNo.3にも200$を渡している、にもか変わらず今回は狙い撃ち

なんて卑劣な奴等なんだ!

いつもなら金を払って懲罰のダークルーム行きは免除されるのだが、

今回はポリスが賄賂を受け取らなかったらしく、処罰を待てと言うことに、、

待つこと2日、矢沢さん達はダークルームへ連れて行かれた。

20日間のダークルーム生活が始まった

矢沢さんは直ぐにぶっ倒れて病院棟へ移るから心配さしないでと言っていた。

金を払えば面会できると言うので、
午後に早速、食べ物な差し入れを持って会いに行くと金を払ったのにポリスの野郎
会わせてくれない、、、

鉄格子とから少し離れた部屋の扉を越しに
矢沢さんと少し会話できた!

とにかく暑いのと食事は配給の色の変わったご飯だけしかでないらしく

飲み水も無い、、、

はぁ〜 電気もねぇ!布団もねぇ!
水もねぇ!食べる物と言ったら臭い飯!

おらぁこんな部屋イヤだ〜こんな部屋イヤだ〜! 直ぐにぶっ倒れるぅだぁ〜〜!

矢沢さん血圧ぐんぐん上昇で、

本当に2日目の朝ぶっ倒れて病院棟へ運ばれたとの情報を得て、、、

会いに行くと点滴をしてベットに寝てました!


それから出所までの約1ヶ月は私はF棟

矢沢さんは病院棟の以前私達が居た部屋に
離れて暮らしました!

それからは毎日、ご飯を作って朝とご飯に矢沢さんに届けて、2人で語り合う日々が続きました。

私はF棟へは居づらくなったので、
4月のクメール正月前に部屋を移動したいとNo.3のポリスにお願いしに、、

理由を聞かれて矢沢さんは5月に帰ると
日本人は私、1人になってしまうから

以前居たA棟の27号室へ移りたいと話さした。あそこはリーダーも部屋のみんなも友達だから暮らしやすいからと頼んだ!

本当は日本語が少し話せるスマイも居るし
何よりネットが使えるからだ!

今の私と言うか外国人はネット環境があって外部と通信できなければお金を工面できないから本当に大変なんです!


つづく、、、